本文へジャンプ TV番組・記録・教育・PR・劇映画  
企画・制作・配給
  
   
最新情報
映学社に関するニュースをお知らせします。

2018年11月30日 第63回「映画の日」永年勤続功労賞を受章

↑第63回「映画の日」中央大会にて授与された賞状。


↑第63回「映画の日」中央大会にて、いずれも受章者である、映像編集者の木田伴子さん(左)、公益社団法人映像文化製作者連盟の塚田芳夫会長(右)と。


↑松竹株式会社の大谷信義代表取締役会長(右)と。

2018年11月30日、映団連が発表した第63回「映画の日」永年勤続(40年以上)功労章にて、弊社の代表取締役・高木裕己が受章、第63回「映画の日」中央大会に出席しました。

高木は、44年の永きに渡り映画界で活動し、500本近くの教育短編映画を制作してきました。

その作品の数々は、国内での文部科学大臣賞を始め、海外でもアメリカ、ドイツ、スペイン、インドネシア等の国際映画祭で、高く評価されてきました。

今回、高木と共に受章されたのは37名。
品川プリンスホテルにて、表彰状が授与されました。



【カテゴリ:活動報告】


     
トップページ作品一覧ご注文方法最新情報お問い合わせ(Eメール)
会社概要映学社受賞歴メディア紹介アクセス

Copyright (C) 2003 EIGAKUSYA Co.,Ltd. All rights reserved.